お酒の香り

アルコールは体質的に苦手なのですが、スコッチウィスキー、バーボンなど香りや味わいが複雑で奥深いお酒は楽しんでいます。

サッポロビール・ケルシュ

   

暑くて喉が渇いて仕方ない・・・
こんな時はコンビニでのビールコーナーが輝いて見えます。
ということで夏なのでビールも飲んでみます。

コンビニで見かけたちょっと変った名前に惹かれて買ってみました。
8/4よりサッポロビール(株)が数量限定・コンビニ限定で発売したものです。

kolsch_front

 

ケルシュ(Kölsch)なのでドイツのケルン地方のビールということです。Wikiで調べると”上面発酵酵母を使用しながら、下面発酵並みの低温で熟成させるので、フルーティな酸味がある。”とのことでした。
ビールは大きくは酵母の種類による醸造法の違いでエール(上面発酵)とラガー(下面発酵)に分かれます。上面発酵(エール)は常温で短時間で発酵を行うのに対して、ラガーは低温(10℃以下)で長時間発酵を行います。エールは複雑な香りと深いコクが特徴で、ラガーは比較的スッキリした味だそうです。
ドイツのケルン地方で造られているわけではなく国内なのでケルシュスタイルという言い方をしなければならないのでしょうね。コンビニで数量限定なのでこの味が日本でどう受け入れられるかを探る意味もあるのだと思います。

この「磨きケルシュ」の特徴を整理すると
◯ 大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
◯ アルコール度数 5%
◯ 麦芽の殻皮を分離させ醸造
◯ 上面発酵だが下面発酵並の低温醸造
◯ 華やかな香りとキレのある爽やかな味


お酒・ドリンク ブログランキングへ

因みにドイツ・ケルン地方ビール フリューケルシュ(früh kölsch)のサイトは
http://www.frueh.de/

ドイツケルン地方は・・・
イメージが全く湧かなかったのですがどちらかというとオランダやベルギーに近い西寄りなのですね。

グラスに注いだ感じ。色は比較的薄めだと思います。泡は比較的粗めで消えやすいようです。

glass_beer

暑くてお風呂で湯船なんか入りたく無いけど、無理して入って出てからキンキンに冷えたビールを飲むのがやっぱりいいですね。
グラスに鼻を近づけると、ちょっと華やかなパインのような香りとビール特有のコクのある香りがします。ゴクゴク飲むと、冷たさ、苦味、渋み、炭酸の刺激、アルコールの刺激が一気に喉に押し寄せて他のどの飲物よりも喉の渇きを潤す気がします。スッキリ爽やかと書いてありましたがビールをそう飲みつけてないのでバドワイザーなんかと比べて味わいは濃くまた苦味・渋みもパンチがあるように感じました。後味には苦味と渋みの余韻が続きます。

このケルシュビールはコンビニ限定なので箱買できないのですがオーソドックスにサッポロ黒はどうでしょうか?amazonリンクを貼っておきます。

 - ビール

  関連記事

関連記事はありませんでした